Amazonの電子書籍リーダー「kindle(キンドル)端末」とは?できること・モデル比較も

キンドル

あなたは、Amazonの電子書籍リーダー「kindle(キンドル)端末」を使っていますか?

はる
はる

実は「kindle本」を読むのにピッタリで、読書好きには欠かせない優秀な端末なんです

今回は、そんな「kindle 端末」について

  • どんなことができるのか
  • どんなモデルがあり、比較するとどう違うのか

などをまとめました。

電子書籍リーダー「kindle(キンドル)端末」をくわしく知りたいあなたは、ぜひご覧ください。

【Amazonのkindle(キンドル)端末」とは?①】特徴・できること

まずはAmazonの電子書籍リーダー「kindle 端末」がどんな端末なのか、基本情報をご紹介します。

Amazonの電子書籍リーダー「kindle(キンドル)端末」とは?

出典:Amazon

Amazonの電子書籍リーダー「kindle(キンドル)端末」とは、「電子書籍(kindle本)を読むこと」に特化したタブレット端末です。
2007年にアメリカで販売が開始され、現在の最新モデルは第10世代となります。

20011年に発売された「Kindle Touch」で、はじめてタッチパネルを搭載。
最新モデルでも、すべてタッチパネルが使われています。

そして電子書籍リーダー「kindle 端末」は、現在次の4モデルが販売されています。
それぞれの機能については、次項で詳しくご説明します。

  1. Kindle
  2. Kindle Paperwhite
  3. Kindle Oasis
  4. Kindle キッズモデル

Amazonの電子書籍リーダー「kindle 端末」の特徴

出典:Amazon

Amazonの「kindle 端末」には、次のような特徴があります。

【kindleの特徴①】目に優しい

本物の紙のような文字を表示できる「e-inkディスプレイを搭載。
上位モデルは300ppiの高解像度ですので、小さい文字でもくっきりキレイで読みやすくなっています。

また、スマホのようにバックライトで画面を光らせるのではなく、フロントライトによってディスプレイの表面だけを照らします
そのため目に優しく、快適に読書ができます。

【kindleの特徴②】薄くて軽いので読書しやすい

「kindle 端末」は薄くて軽いので、読書しやすいことが第2の特徴です。

ややサイズが違いますが、iPad miniは7.9インチで重量が300.5g。
kindleは6インチで174gと軽量です。

長い時間読書しても、端末をもつ手が疲れることはありません。

【kindleの特徴③】バッテリーが数週間もつ

「kindle端末」最大の特徴といえるのが、バッテリーが数週間もつです(明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)。
僕も毎晩、寝る前にkindleで読書をしますが、2週間に1度くらいしか充電しません。

仕事で出張に持っていって「バッテリーが切れて読めない」なんてことは、そうそう起こりませんね。

Amazonの電子書籍リーダー「kindle 端末」ができること

Amazonの電子書籍リーダー「kindle 端末」では、次のようなことができます。

  • kindleストアで購入したKindle本 (電子書籍)を読む
  • kindleストアで、Kindle本を購入する
  • 「Kindle Unlimited 読み放題」に申し込む
  • 「Kindle Unlimited 読み放題」のkindle本を読む
  • 「Prime Reading」のkindle本を読む

【Amazonのkindle(キンドル)端末」とは?②】ラインナップ・モデル比較

Amazonの「kindle 端末」には、現行で4つのモデルが販売されています。ここでは、「kindle 端末」のラインナップ紹介と、モデル比較をしていきます。

Amazonの「kindle 端末」のラインナップ

① Kindle

出典:Amazon

kindle端末のエントリーモデルが「kindleです。
いわゆる「無印」kindleとよばれます。
現在の最新モデルは、2019年発売の第10世代。

このモデルから「フロントライト」を搭載しました。
174gとkindle端末のなかで最も軽く、携帯性に優れています。

もちろんバッテリーは数週間もちますので、外出するときはいつもカバンに入れて持ち歩きたいですね。

② Kindle Paperwhite

出典:Amazon

kindle端末のミドルクラスモデルが「Kindle Paperwhiteです。
現在の最新モデルは、2018年発売の第10世代。

300ppiの高解像度で文字が読みやすく、さらに防水機能を搭載しました。
お風呂の中でも読書が楽しめます。

また「wifi + 無料4G」なら、Wi-Fi がない環境でもネット接続して本を購入することが可能。
しかも4Gの通信費は無料というのがうれしいですね。

③ Kindle Oasis

出典:Amazon

kindle端末の最上位機種が「Kindle Oasisです。
最新モデルは、2019年発売の第10世代。

画面は大きめの7インチ
フラットベゼルですので、見た目がスッキリしています。

さらに、人間工学にもとづいたなめらかなデザインで持ちやすく、「ページ送りボタン」を搭載したため片手での読書も快適です。

④ Kindle キッズモデル

出典:Amazon

子供のためのkindle端末が「Kindle キッズモデルです。
キッズカバーは4色から選べ、Kindle本体を傷から守ります(kindle本体は「無印kindle」)。
万が一、壊してしまったときでも、2年限定保証の期間内なら無償で取り替えてくれます

また、児童書の名作や学習まんがなど1,000冊以上の子供向け本を楽しめる「Amazon Kids+」が1年分含まれています。
スマホで読書状況を確認できる「ペアレントダッシュボード」機能もあり、子供がどんな本を読んでいるかもわかります。

Amazonの「kindle 端末」のモデル比較

Amazonの「kindle 端末」のモデルを比較すると、下表のようになります。

無印kindleKindle PaperwhiteKindle Oasis
画面サイズ6インチ反射抑制スクリーン6インチ反射抑制スクリーン7インチ反射抑制スクリーン
解像度167ppi300ppi300ppi
記憶容量8GB8/32GB8/32GB
重 量174gwifiモデル:182g
wifi+無料4Gモデル:191g
188g
防水機能なし
ページ送りボタンなしなし
カラーブラック/ホワイトブラック/トワイライトブルー
/プラム/セージ
ブラック
価 格¥8,980(税込み)~¥13,980(税込み)~¥29,980(税込み)~

【Amazonのkindle(キンドル)端末」とは?③】おすすめモデル

Amazonの「kindle 端末」のおすすめモデルは、僕も使っているミドルクラスの「Kindle Paperwhiteです。

解像度が300ppiあるため文字がくっきりしており、目に優しい「フロントサイト」搭載でどこでも本が読めます。

そして何より防水機能つき
お風呂でも読めますし、外に出るときいつも持ち歩いて雨が降っても問題ありません。

出典:Amazon

それで金額は¥13,980(税込み)~と激安。
読書好きの方にはぜひ持ってほしい端末です。

【Amazonのkindle(キンドル)端末」とは?④】Fireタブレットとの違い

出典:Amazon

Amazonが開発・販売する端末には、「kindle」のほかに「Fire タブレット」があります

この2モデルの大きな違いは、「fire タブレットは読書のほか動画や音楽鑑賞もできる」ということ。
「kindle端末」はあくまでも読書だけを行うタブレットです。

そして「Fireタブレット」はアプリをインストールすることができ、たくさんの機能を追加できます。
Alexaも搭載しているため、「スマートスピーカー」として使うことも可能。

「とにかくkindle本を読みたい」方はkindle端末を、「読書のほかに映画を観たり音楽も楽しみたい」方はFireタブレットを選ぶといいですね。

◆「Fireタブレット」についてくわしく知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

【Amazonのkindle(キンドル)端末」とは?⑤】体験できる店舗・量販店

出典:Amazon

AmazonのFire(ファイア)タブレットを購入する前に、実物を一度さわってみたい」という方は、こちらで体験できる店舗を探してみてください。

Amazon:Kindleシリーズを体験できる場所

あまり店舗数は多くはありませんが(地方では都道府県にひとつくらい)、訪れて実際にさわってみれば、納得して購入できますね。

Amazonのkindle関連サービス

記事の最後に、Amazonが提供するkindle関連サービスをご紹介します。

kindleストア

出典:Amazon

kindleストア」は、Amazonが運営する電子書籍ストアです。
kindleストアで購入した電子書籍(kindle本)は、専用アプリなどで読むことができます。

kindleストア

kindle無料アプリ

出典:Amazon

kindle無料アプリ」とは、スマホやタブレット、パソコン向けに提供された「kindle本の閲覧アプリ」です。
アカウント登録されたアプリでは、読んだ位置が各端末で自動同期されます。

kindle無料アプリ

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)

出典:Amazon

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)とは、定額制で本やマンガなどが読み放題となるサービスです。
対象となる書籍は200万冊以上!
これだけあれば、「読みたい本がない…」なんてことはなくなりますね。

Kindle Unlimited

まとめ:読書好きの方には「kindle端末」がおすすめです

今回は、Amazonのkindle端末をご紹介しました。
僕も毎晩、寝る前の読書で使いますが、iPadなどのように「目が冴えてしまう」こともありません。
しかもバッテリーが数週間もちますから、カバンに入れっぱなしでも問題ありません。

とにかく「読書に特化した端末」です。読書好きの方なら、ひとつ持っておいて損はありません。
iPadなどのタブレットとは別物として、検討してみてください。

◆「iPadが快適になるおすすめ格安タブレットスタンド」を知りたい方には、こちらの記事がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました